B型肝炎の訴訟

裁判所母子感染によって自分がB型肝炎のウイルスに感染していることが判った場合には、裁判所に訴訟の準備をすることになります。しかしながら、被害者救済の方向に和解が進む場合がほとんどですので、比較的短期間で、給付金を受け取ることができるようになります。護士費用などの一部や医療機関での検査費用も国の方で負担してくれる制度になっていますので、弁護士の助けを借りながらB型肝炎訴訟の手続きをすると良いでしょう。

短期間で、更には給付金をもらえるような和解になりますので、弁護士の助けを借りながら、迅速に訴訟をしていくのがお勧めです、半年前後で和解が行われて、給付スタートとなります。10年間の次元付きの法律ができていますので、今のタイミングですと、訴訟の処理が非常に速く進むことになります。自分が母子感染によってB型肝炎のウイルスに感染している可能性が考えられる時には、まずは弁護士さんにどのような準備と手続きが必要であるのかを相談してみるといいでしょう。多くの弁護士さんが初回は無料で相談をすることが可能ですので、遠慮なく相談してみると良いでしょう。相談者の立場に立って一番有利な手続きの方法を提案してくれるはずです。また、希望すれば見積もりなども費用の面も提示してくれるはずです。

B型肝炎の医療

医師母子感染によって仮に自分がB型肝炎に感染しているということが判ってしまった場合には、国に対して訴訟を起こすことによって給付金を得ることが出来るようにはなります。しかしながら、同時にB型肝炎の治療を行って行くことも必要です。B型肝炎ウイルスに感染したとしても必ずしも全員が肝炎や肝硬変などの疾患になるという訳ではありませんが、肝臓の疾患の場合には、自覚症状がなかなか現れてきませんので、B型肝炎ウイルスに感染していることが判明した段階で、肝炎や肝硬変などの疾患になっているかどうかの検査をすることが必要です。

仮に発症していることが判れば、即座に治療を開始すれば、病気の進行を抑えることができるようになります。回復をするためにはできるだけ早い段階での治療開始が必要になります。早ければ早いほど回復の可能性が高まることになります。また、遅ければ遅いほど手遅れになってしまって、致命傷になってしまうことも十分に考えられます。B型肝炎はこれまでは不治の病と考えられてきましたが、近年では医療技術の進歩によって回復が大いに見込まれるものとなっています。ですから、仮に母子感染によってB型肝炎ウイルスに感染したとしても悲観する必要もなくなってきています。

B型肝炎の給付金

B型肝炎の母子感染者の場合も一次感染者と同じ額の給付金を受給可能です。給付金の最大額は3600万円となっています。一時感染者と同様に訴訟に関わる弁護士費用の4%を給付してもらうことも可能です。更には特定無症候性持続感染者(無症候性キャリア)の場合には、慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費、母子感染防止のための医療費、世帯内感染防止のための医療費、定期検査手当についての給付を受けることも可能です。

注射母子感染によってB型肝炎ウイルスに感染したことを証明するには、母親が、B型肝炎ウイルスに持続感染していること、母親様が、一定の期間に7歳未満で集団予防接種等を受けていること、母親が母子感染によってB型肝炎ウイルスに感染していないこと、母親が集団予防接種等以外の感染の可能性が無いこと、お子様がB型肝炎ウイルスに持続感染していること、お子様が母親からB型肝炎ウイルスを感染したことを明らかにすることが必要です。

母親が既に亡くなっている場合でも、母子感染ではないことを証明することはできますので、医療機関に相談をしてみるといいでしょう。実際にどのような書類を用意するのが良いのかは弁護士さんに相談をしてみると効率よく書類準備可能となります。

B型肝炎の母子感染

母子手帳出産の時に母から子供にB型肝炎ウイルスに感染してしまうことを母子感染と言います。仮に母親がB型肝炎ウイルスの給付金の支給対象者である場合には、母子感染をしたお子さんの方も給付金を受給する権利が認められています。以前は母子感染の予防をすることが行われていませんでしたが、最近は母子感染を防止する方法が行われていますので、母親がB型肝炎にかかっていたとしても、子供にそれが感染ことはなくなっています。仮に母親がB型肝炎でなくなったりしているような場合には、お子さんの方も感染している可能性を考えて検査を受けることをした方が良いでしょう。

母子感染によってお子さんがB型肝炎になってしまった場合に、給付金についての訴訟を国に起こすことが必要です。基本的に国の方では予防接種などの際に注射針を繰り返し使うことによってB型肝炎になってしまった母親からの母子感染によってB型肝炎になってしまった場合には被害者を救済するという観点から、迅速に和解が行われて給付金を受給できるようになります。法的な手続きに明るく無い場合には弁護士にそれを代行してもらうこともできます。母子感染者の遺族の方も給付金を受給することができます

給付金を受給するためには、お子さんがB型肝炎ウイルスに持続感染していること、母親がB型肝炎ウイルスの感染者の要件を全て満たしていること、更にはお子さんがお母様から感染してB型肝炎ウイルスに感染したことを証明することが必要です。