B型肝炎の母子感染

母子手帳出産の時に母から子供にB型肝炎ウイルスに感染してしまうことを母子感染と言います。仮に母親がB型肝炎ウイルスの給付金の支給対象者である場合には、母子感染をしたお子さんの方も給付金を受給する権利が認められています。以前は母子感染の予防をすることが行われていませんでしたが、最近は母子感染を防止する方法が行われていますので、母親がB型肝炎にかかっていたとしても、子供にそれが感染ことはなくなっています。仮に母親がB型肝炎でなくなったりしているような場合には、お子さんの方も感染している可能性を考えて検査を受けることをした方が良いでしょう。

母子感染によってお子さんがB型肝炎になってしまった場合に、給付金についての訴訟を国に起こすことが必要です。基本的に国の方では予防接種などの際に注射針を繰り返し使うことによってB型肝炎になってしまった母親からの母子感染によってB型肝炎になってしまった場合には被害者を救済するという観点から、迅速に和解が行われて給付金を受給できるようになります。法的な手続きに明るく無い場合には弁護士にそれを代行してもらうこともできます。母子感染者の遺族の方も給付金を受給することができます

給付金を受給するためには、お子さんがB型肝炎ウイルスに持続感染していること、母親がB型肝炎ウイルスの感染者の要件を全て満たしていること、更にはお子さんがお母様から感染してB型肝炎ウイルスに感染したことを証明することが必要です。